• 待機児童対策としてのベビーシッター

    日本は少子化と言われながらも、保育園には入れない待機児童が多くなっています。


    以前より女性が社会で活躍するケースが増えたことがその理由といえるでしょう。



    せっかく女性が社会の中で働こうとしているのに、子どもの預け先がないために働くことを断念しなくてはならないというのは大変なことです。


    保育所の整備が急がれますが、すぐにできるものではなく、特に近隣からの苦情などで保育所の設置が難しくなっている場所も多くあります。

    日本経済新聞情報を探しましょう。

    必要な場所に設置できないという事も大きな問題となっているようです。


    そこで、保育所がなかなか整備されない間にそれを埋めるための方法として、ベビーシッターを活用するということが挙げられます。
    ベビーシッターならば、場所は自宅でよいですから設置にトラブルが起こるという事もありません。

    必要な時間帯に応じた契約をすることも可能でしょう。
    しかし、海外では普及していますが、まだまだ日本でベビーシッターは普及していません。
    使いたい人と仕事に就きたい人はいても、その橋渡しをするということが欠けているので、事実上使うことができなくなっているのです。


    大きな設備が必要なく、一時的な保育のニーズにこたえやすいというベビーシッターは現代日本にとって必要な仕事であるということができるでしょう。



    使いやすくなるような制度作りや、補助の仕方について考えていく必要があるといえます。


    これから育っていく子供たちの環境に関わることですから、しっかり考えていきたいものです。