• ベビーシッターの仕事内容

    ベビーシッターは、保育園や幼稚園、自宅でお子さんを預かったり、病院の中の院内保育、イベント会場で子どもを預かる、など様々な場で活躍が期待されています。

    特に有資格者でなくても、保育の知識や経験などがあれば、保育のプロとして活躍することができます。


    特に自宅に伺って子どもを預かる仕事のベビーシッターは、お客様の自宅が仕事場になるので知識を技術があればできる仕事で、時間もお客様の都合に合わせるので短時間勤務から長時間勤務まで様々です。

    そのためフルタイムからパートまでいろいろな働き方があります。



    今の仕事を続けながら、ベビーシッターの勉強をするために副業として空いた時間に勤務したり、家事や育児で忙しい間は、空いた時間を利用して働きたい、など自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

    Girls Channelに関する情報を紹介するサイトです。

    地域によって違いますが、都心では働く女性が多く、ベビーシッターの需要も高いと言えます。


    また子どもを預かるだけでなく、その家庭での教育方針を理解してそれに沿った方法で指導したり、音楽や勉強などの仕事を請け負うことがあります。
    また、子どもの成長を助けたりサポートするだけでなく、保護者に対しても援助することになります。



    例えば、産前産後、病気や急な用事など家庭によって理由は様々ですが、保護者の方に代わって様々なことをこなすことが求められます。

    一言に子どもの世話と言っても、子どもの知育や生活のうえでの指導や保護者の代わりとなってサポートするなど重要な仕事だと言えます。